IVH(中心静脈栄養)とは|ポートやカテーテル手術の内容・入居可の老人ホームの探し方を紹介

IVH(中心静脈栄養)という言葉自体、知っている人は少ないでしょう。しかし、このIVHは病気を療養する上で体力低下を防いだり、食事を口から摂取できなかったりする場面では必要となります。

今まさにIVHのカテーテル手術の必要性がある、もしくは今後その可能性も視野に入れなくてはいけない人は、今回の記事を通してIVHについて理解していきましょう。この記事では、IVHとはどのようなものか、ポートやカテーテル手術について、IVHに対応した老人ホームの探し方なども併せて解説していきます。

IVH(中心静脈栄養)とは|ポートやカテーテル手術の内容・入居可の老人ホームの探し方を紹介
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

IVH(中心静脈栄養)とは

IVHというのは、中心静脈栄養のことを指しています。この中心静脈栄養とは、何らかの病気や事故で長期間にわたり食事を口から摂取できない方や消化管がすでに機能していない人、今後の治療や療養のために体力低下を防がなければならない人に対して、体の中心に近い部分の太い血管に直接点滴をして栄養を補給する治療方法です。

高カロリーの栄養輸液を継続的に入れられます。通常の点滴であれば腕などの細い血管から入れるのですが、体の中心に近い部分にある太い血管へ直接栄養輸液をするので、細い血管にダメージを与えずに痛みも少なく必要な栄養を摂取できます。

CVポートともいわれる

IVHという中心静脈栄養は、CVポートとも言われています。CVポートのCVとは、中心静脈(Center Vein)の略でIVHをする際の手術に用いられるポートを合わせて使われています。CVポート自体は中心静脈カテーテルの一種であり、IVHはそれを用いる治療方法です。

このポートという器具は皮下に埋め込むタイプとなります。100円程度の大きさの本体となるポートと輸液をするカテーテルとで構成されています。

胃ろうとの違い

栄養を外部からカテーテルを通じて摂取するという点では、胃ろうと同じです。しかし、胃ろうは人間の尊厳という観点から患者本人やその家族から敬遠されてしまうことも多いです。

また、IVHと同様に胃ろうにも手術は必要です。しかし、胃ろうは半年に一度はカテーテルの交換をしなければならないこともあり、費用がかさみます。IVHは一度ポートを留置してしまえば回復すればそのままにしておけて、その後いつでも再開できるメリットがあります。

IVH(中心静脈栄養)が必要になる方

IVHは必ずしもやらなければならない治療ではありませんが、IVHが必要となる人はいます。では、どのような方がIVHを必要となるのでしょうか?

経口摂取が難しい方

前述したとおり、食事を口から摂取できなくなってしまった方にはIVHが必要です。必要となる可能性がある病気をいくつか挙げてみましょう。

  • 炎症性腸疾患
  • 小腸閉塞
  • 慢性腎不全
  • 消化器がん
  • 摂食障害、嚥下障害
  • 脳血管障害
  • パーキンソン病
  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)

これらの病気になってしまった場合、IVHとなる可能性があります。IVHは手術後一定期間食事が摂れなくなった際にも体力低下を防ぐ目的で用いられます。点滴をしている状態であっても腕にラインがあるわけではないので、比較的体を自由に動かすこともでき、入浴も可能です。

胃ろうに抵抗がある方

こちらも前述している通り、胃ろうに抵抗がある方にはIVHが推奨されています。口から食事を摂取できないとなると、やはり胃ろうが治療方法に挙げられます。しかし、胃ろうは本来IVHと同様に栄養面のサポートという目的で用いられているはずが、多くの人に延命治療だと認識されてしまっている側面があります。

このような背景を胃ろうは持ち合わせているため、あまり胃ろうに対して良いイメージを持っている人は少ないでしょう。IVHと同様に栄養をサポートするための治療方法であることには変わりません。

本人や家族だけでなく、周囲からもそのように思われたくないという理由から胃ろうに抵抗がある人もいます。その場合には、IVHを選択することとなるでしょう。

IVHのメリット

胃ろうに抵抗がある方が選択する治療方法でもあるIVHは胃ろうと異なり、どのようなメリットが存在するのでしょうか?ここからは、IVHのメリットについて解説していきます。

家族への負担が少ない

IVHを用いるということは、少なからず長期間にわたって静脈から栄養を摂取しなければならない状態となっています。そのため、在宅ともなると家族のサポートや管理が重要です。

CVポートが体内に留置されている状態であれば、患者さん自身で針の抜き差しをすることは可能となりますし、それを家族にしてもらうことも可能です。在宅で治療や療養をする際には、感染リスクも少なく、栄養管理が適切にできるという点で家族への負担は軽減されるでしょう。

また、胃ろうは半年に一度カテーテルを交換しなければならないことから医療費がかさむことがあります。医療費の負担も家族にとっては負担となってしまうことから、IVHはより家族への負担が少ない治療法と言えます。

入院時と同様の栄養管理が可能

栄養管理をすべてIVHでしていることから、入院時と同様の栄養管理が在宅でも可能です。また、以前であれば管理は在宅では難しいとされていましたが、現在では医師や訪問看護、薬局と医療チームを組むことでより在宅でも安全にIVHでの栄養管理が可能となりました。

在宅となるとどうしても入院時と同様の栄養管理が難しくなるので、入院時と同じ栄養管理ができるIVHは患者さんの回復やQOLの向上にも役立ちます。入院以外にも医療体制が整っている施設であれば、IVHの対応は可能となるので栄養管理としては問題なくできるでしょう。

入浴可能

通常、点滴している状態では入浴できません。しかし、IVHのようにCVポートを皮下に埋め込んで体内のカテーテルにつないでいることから、本来であれば点滴で入浴できない時期であっても入浴は可能となります。入浴が可能となると、在宅や施設でのQOLの向上につながります。

手足が自由に動かせる

24時間点滴をしている場合、腕に針を刺した状態だとどうしても外れてしまうかもしれないと考え、必要最低限しか動かなくなったり、動けなくなってしまったりします。IVHであれば、CVポートから中心静脈に直接カテーテルを入れている状態なので、腕に針を刺す必要もなく、手足は自由に動かせます。

休止や再開が簡単にできる

IVHを用いながらでも、回復すればIVHを休止し食事を摂取することも可能です。そのため、休止となればチューブを外せます。また、CVポートを埋め込んでいるのでカテーテルはそのまま留置して置くこともでき、状態にもよりますがいつでもIVHを再開することも可能です。

休止や再開は医師の指示を仰がなければなりませんが、回復すれば口から食事を摂取できるようにもなるでしょう。口からの食事で十分に栄養が確保できれば、最終的にIVHではなく口からの食事のみに切り替えられます。

IVHに対応した老人ホームを探す際に確認すること

IVHを必要とする患者さんでも老人ホームへの入居は可能です。ただし、入居する場合にはIVHに対応できる施設を探さなければなりません。では、IVHに対応する老人ホームを探す際に確認することを解説していきます。

前提としてIVHの受け入れに対応しているか

まず、前提としてIVHの受け入れ自体を対応している老人ホームかどうかを確認してください。IVHは看護師による高カロリー輸液のセットや医師による点滴針の交換、カテーテルの交換が必須となります。医師は老人ホームの往診医となるでしょう。

IVHとなれば、それだけ看護師や医師による管理、介護スタッフの配慮なども必要となります。そのため、IVH自体の受け入れをしていない老人ホームも多くあるでしょう。どのような条件の老人ホームを探すかその家族によっても異なりますが、まずは前提としてIVHを受け入れていることが重要です。

24時間の看護体制があること

IVHの受け入れをしている老人ホームがあれば、次に確認しておきたいのが看護体制についてです。看護師が24時間体制で常駐していることの他にも、訪問看護ステーションとの連携や勤務している看護師がIVHの対応に慣れているか、老人ホーム自体でのIVH受け入れ実績はあるのかもポイントとなります。

特に看護体制が24時間であれば、その分IVHで何か不測の事態が起こった際にもすぐに医療的な対応が可能となりますし、看護体制が整っていることでIVHがあっても安心して入居できる環境となるでしょう。

IVHは24時間栄養管理で輸液をしている状態です。多くの老人ホームでは管理が難しいわけではなく大変だからという理由で受け入れをしていません。IVHに対応しているからと言って、看護体制が整っていない環境を選択してしまうと、患者本人にもつらく、家族からしても不安に感じてしまうことでしょう。

そうならないためにも、事前に看護体制がどのようになっているか、できれば24時間看護体制がある老人ホームを選ぶようにしてください。

また、ある程度の医療的な対応が可能な老人ホームでも看護師の数が足りていない場合もあります。IVHにおける合併症のリスクや感染症のリスク、低血糖・高血糖のリスク、高脂血症のリスクもあることから、栄養剤の管理から時間、状態の観察など様々な点でより細やかな注意が必要となります。そのため、24時間看護体制とあってもIVHということから看護師が不足している場合には受け入れを拒否されてしまうこともあることは念頭に置いておきましょう。

往診医の経歴

老人ホーム自体が受け入れ対応している、看護体制も24時間整っているとなれば、あとは往診医の経歴をチェックしておきましょう。往診医は老人ホームのある地域で往診をしているクリニックや病院から週に数回来訪し、往診します。

往診医がIVHの必要な患者さんにするのは、点滴針やカテーテルの交換です。少なからず医療的な処置が必要となるため、IVHに熟練しているかどうかも確認しておくと安心でしょう。

往診医の経歴によっては、IVH自体初めてという医師もいるかもしれません。老人ホームで受け入れ対応していて、ある程度IVHを受け入れている実績があれば問題ないかもしれませんが、確認しておくことでより家族も安心して任せられるでしょう。

訪問看護ステーションとの連携ができているか

IVHは医療的な処置が必要となることから、看護体制が整っている老人ホームが適しています。しかし、24時間看護体制をとっている老人ホームはそう多くはありません。また、24時間看護体制が整っている老人ホームには入居を望む人も多く、なかなかすぐには入居できない可能性も十分に考えられます。

24時間看護体制が整っていることは重要ですが、あらゆる面で入居を断られてしまうこともあります。そうなったときには、訪問看護ステーションとの連携がしっかりとできている老人ホームを選択しましょう。

看護師が常駐している老人ホームはありますが、24時間看護体制はさほどありません。介護スタッフのみ常駐で看護師は訪問看護ステーションと連携している老人ホームもあります。老人ホームと訪問看護ステーションとの連携ができていれば、連絡体制や何か起こった際の対処なども適切にできているでしょう。

訪問看護ステーションの看護師であってもIVHの対応に慣れているとは限りませんが、様々な医療行為が必要となる場面が多くあるので訪問看護ステーションとの連携や実績なども鑑みて判断するようにしてください。

IVHは在宅介護が難しい

近年では、IVHでも在宅に移行することは医療チームが整っていれば可能となっており、患者さんのQOL向上にも大きく役立っていると言えます。しかし、医療チームが整わなければ在宅での介護は難しく、少なくとも医療スタッフのいる施設での生活が必須となります。

CVポートでの管理は比較的容易にできますが、やはり医療的なケアは必要です。また、IVHはいくら感染のリスクが少ないからと言え、少なからず感染リスクはありますし合併症のリスクも考えていかなければなりません。

合併症の一部には敗血症や血栓の発生もあることから、老人ホームでは投薬やカテーテルの引き抜きはできても然るべき機関に再度対応してもらわなければならないこともあります。対応が難しいとなってしまえば、IVH受け入れ可能な老人ホームであっても退所を求められてしまうことも十分にあるのです。

また、IVH自体の管理が難しいことからそもそも受け入れをしている老人ホームの数が少ないでしょう。近いエリアで老人ホームを探そうにも最初から絞り込んでしまえば、入居できる老人ホームも見つかりません。できるだけエリアを広げて探してみてください。

医療体制が万全という老人ホームであっても、最終的には入居する本人が居心地のいい環境でなければいけません。選択できるのであれば、医療体制が整っているだけではなく入居する本人の精神的なケアもしっかりとできる老人ホームを選びましょう。

この記事のまとめ

  • IVHとは中心静脈栄養のこと
  • 管をつないでいても比較的動きやすい
  • 老人ホーム入居の際にはIVHに対応可の施設を探す

豊富な施設からご予算などご要望に沿った施設をプロの入居相談員がご紹介します

介護まるわかりガイド