ユマニチュードとは|4つの柱と5つのステップなどを紹介

介護をするなかで「ユマニチュード」という言葉を聞いたことのある方も多いでしょう。ユマニチュードはフランス発祥のケア技法で、特に認知症の方に効果的だと注目されています。

ユマニチュードは基本的な技術である「4つの柱」と、ケアの順番を示す「5つのステップ」で構成される技法です。介護を専門にしていない一般の方でも、実践しやすい内容になっています。

今回は「すぐに実践したい」という方に向けて、ユマニチュードの考え方や「4つの柱」「5つのステップ」の内容を紹介します。「家族の介護がうまくいかず悩んでいる」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

ユマニチュードとは|4つの柱と5つのステップなどを紹介
岡田慎一郎

この記事の監修

岡田慎一郎

理学療法士、介護福祉士、介護支援専門員

身体障害者、高齢者施設に勤務。古武術の身体運用を参考にした「古武術介護」が反響を呼ぶ。近年は介護、医療、リハビリ、消防・救命・育児支援・教育・スポーツなど、幅広い分野で身体を通した発想と実践を展開させ、多岐にわたる活動を国内外で行う。『あらゆる状況に対応できる シンプル身体介助術』(医学書院)など著書、DVD、通信講座など多数。

ユマニチュードとは

ユマニチュードは、フランスで開発されたケアの技法です。単に技術に特化した方法ではなく「人間とは何か」「ケアする人とは何者か」という哲学にもとづいて生まれました。

「ユマニチュード(Humanitude)」とは「人間らしくある」「人間らしさを取り戻す」という意味を持つフランス語の造語になります。ケアが必要なあらゆる人が対象ですが、特に認知症を持つ方や高齢者のケアで有効と考えられている技法です。

実際にユマニチュードの効果が得られた例として、次のような報告があります。

  • 数年間、寝たきりだった方が自分で立てるようになった
  • 攻撃的と思われていた方がケアを受け入れて笑顔を見せるようになった など

ユマニチュードでは「あなたのことを大切に思っています」という気持ちを、言語または非言語のコミュニケーションで伝えることが重視されています。また、コミュニケーションに必要な技術や具体的な手法も定められているのです。

ユマニチュードは、家族や介護職などケアにあたる方であれば誰でも学んで実践できます。決して専門職だけに限られた技法ではないことも、注目を集める理由の1つでしょう。

ユマニチュードはいつ誕生した?

ユマニチュードは1979年、フランスの体育学の専門家であるイヴ・ジネストとロゼット・マレスコッティによって提唱されました。

2人は実際にケアの現場に携わるなかで、専門職があらゆるケアをやりすぎていることに気づきました。例えば「歩けるのに車イスを使う」「立てるのに寝たきりで生活させる」という状態です。そこで本人が持つ能力を生かし健康を維持するための技法として、ユマニチュードを生み出しました。

日々のケアで成功したときと失敗したときの違いを研究し、柱となる4つの方法やケアの手順を開発したのです。このように現場での試行錯誤を経て編み出された技術であることも、ユマニチュードの特徴の1つといえます。

日本でのユマニチュードの始まり

ユマニチュードはもともとフランスのケア技法ですので、日本では知られていませんでした。日本で初めてユマニチュードのケアが実践されたのは、2012年のことです。国立病院機構東京医療センター総合内科医であった本田美和子氏が、前年の2011年にフランスを訪れてユマニチュードの考え方を学んだことがきっかけで、日本でもユマニチュードが導入されました。

2014年1月には、日本国内での研修や研究の拠点となる「ジネスト・マレスコッティ研究所日本支部」が発足。2015年にデジタルセンセーション株式会社(現・株式会社エクサウィザーズ)によるユマニチュード研修が始まり、続いて自治体のプロジェクトや大学の研究など徐々に広がりを見せたのです。

2019年7月には「ジネスト・マレスコッティ研究所日本支部」を前身とする「日本ユマニチュード学会」が設立され、現在もさらなる普及や研究を進めています。

思いを伝えるための「4つの柱」とは

ユマニチュードの根幹にあるのは「あなたは大切な存在です」という思いを伝えることです。しかし、やみくもに思いを伝えようとするだけではうまくいくとは限りません。

そこでユマニチュードでは「見る」「話す」「触れる」「立つ」という4つの技術を用いて、相手に思いが分かるように伝えます。思いを伝えるための技術が「4つの柱」です。

「4つの柱」には「マルチモーダル・ケア」という重要な考え方があります。「マルチモーダル・ケア」は「複数の要素を使ったコミュニケーションによるケア」という意味です。つまり4つの技術は単独で実施するのではなく、組み合わせて使うことが重要になります。

それでは「見る」「話す」「触れる」「立つ」技術とは、具体的にどのようなことをするのでしょうか。

見る

ユマニチュードの「見る」技術とは、ただ視覚的に相手を見るだけではありません。視線や見る位置などによって、言葉によらないメッセージを送る手段です。「見る」ことで伝わるメッセージには、次のようなものがあります。

「見る」方法 メッセージ
同じ目の高さで見る 平等な存在である
近くから見る 親しい関係である
正面から見る 相手に対して正直である

ケアする相手を見るときは必ず正面から視線の高さを合わせて、近い距離で見るようにしましょう。対照的に、相手を上から見下ろすと「私はあなたより強い」というメッセージが伝わります。言葉にしていなくても、相手が威圧されてしまう可能性があるのです。

話す

「ケアをするときは話しかけましょう」とよくいわれます。しかし「動かないでください」「すぐ終わりますから」といった威圧的な言葉では逆効果です。ケアしている相手に対して「命令している」「嫌なことをしている」と感じさせてしまいます。

話すときは、低めの大きすぎない声で前向きな言葉を使うことが大切です。相手と自分がリラックスできる安定した関係であることや、心地よく穏やかな状況であることを伝えられます。

返事や反応がない場合も、できるだけ黙らずに話しかけ続けましょう。無言になると、相手が存在していないのと同然というメッセージが伝わってしまいます。「何を話せばいいか分からない」というときは、自分がしているケアの動きを実況する「オートフィードバック」という技法が有効です。

オートフィードバックとは

オートフィードバックとは介護者が現在のケアの動きを実況することです。例えば入浴介助の際には「いまお湯の温度を調節しています」や「背中を洗いますね」といったように、言葉をかけ続けることで、会話が続きやすくなるのです。

触れる

ケアで体に触れるときにも注意が必要です。手や足を不意につかんでしまうと、相手は「自由を奪われた」と感じて不快になってしまいます。認知症の行動・心理症状(BPSD)のきっかけになる可能性もあるのです。

相手の体に触れるときは、次のポイントに気を付けましょう。

  • 広い面積で触れる
  • つかまない
  • ゆっくりと手を動かす
  • 鈍感な場所(背中、肩、ふくらはぎなど)から触れ、次第に敏感な場所(手、顔など)に進める

立つ

ユマニチュードでは「立つこと」が人間らしさの1つと考えられています。開発者の1人であるイヴ・ジネストによると、立つ能力を保つために必要なことは「1日に合計20分間の立つ時間を作ること」です。

立っている間に洗面やシャワーを済ませたり、ちょっとした移動で歩いてもらったりすることで立つ時間を増やせます。1回あたりの時間が短い場合はすぐそばに座れる場所を用意して、無理なく少しずつ立つ時間を作りましょう。

ケアのための「5つのステップ」とは

ユマニチュードには「4つの柱」に加えて「5つのステップ」という考え方があります。「5つのステップ」は、全てのケアに共通する一連の手順です。1つのケアを一連のストーリーのように実施することで、ケアを受ける側の気持ちの準備もでき、信頼関係が築きやすくなります。

1. 出会いの準備

まずは相手に自分が来たことを知らせましょう。そのうえで来訪を受け入れるかどうかを相手に判断してもらいます。

手順としては、部屋に入る前に3回ノックして3秒待ち、また3回ノックして3秒待ちます。もし反応がなければ、さらに1回ノックしてから入ってください。ドアがない場合でも同様にノックで知らせる方法が有効です。

2. ケアの準備

ケアを始める前に「ケアしていい」という合意を得ましょう。最初からケアの話をするのではなく、まずは「あなたに会いに来ましたよ」というメッセージを伝えて良好な関係性を築くことが大切です。

「見る」「話す」「触れる」技術を用い、ポジティブな言葉だけを使ってコミュニケーションを図ります。3分以内にケアの合意が得られなければ、そのタイミングでのケアはいったん諦めましょう。

3. 知覚の連結

同意が得られたら、実際にケアをします。ケアの最中も「見る」「話す」「触れる」のうち、少なくとも2つ以上の技術を同時に使いましょう。

ケアをするときは、発するメッセージに調和を持たせることが大切です。「正面から目線を合わせて見ているのに、ネガティブな言葉を使う」「優しく話しているのに、手を突然つかむ」といった行為は、相反するメッセージが伝わり緊張させてしまいます。

相手がリラックスした状態でケアを受け入れられるように、1つひとつの言動に気を配りましょう。メッセージが正しく伝われば、言葉や表情、筋肉のゆるみなどで相手も反応してくれるはずです。

4. 感情の固定

ケアが終わった後は、その心地よさを記憶に残しましょう。「一緒に過ごせて嬉しかったです」「気持ちよかったですね」などのポジティブな声掛けが重要です。

「ケアを受けたこと」や「ケアした人」は忘れても「ケアを受けたときの感情」は記憶に残ります。次回のケアのときに「心地よく一緒に過ごせた人だ」と思い出してもらえると、よりよい関係性が築けるのです。

5. 再会の約束

ケアが終わったからとすぐに立ち去らず、次のケアを受け入れてもらえるための準備をしましょう。「また会いに来ますね」といった言葉をかけると「優しくしてくれる人にまた会える」という期待や喜びの感情が残ります。

場合によっては、何度も目にできるようメモに伝言を残しておく方法も効果的です。ポジティブな感情を繰り返すことで、一層スムーズにケアを受け入れてもらえるでしょう。

初心者がユマニチュードについて勉強する方法

ユマニチュードは、介護や看護を専門にしている方でなくても実践できます。家族の介護をしている方や、高齢者への対応方法を知りたいという方にとっても、学びやすく身につけやすい技法です。

実際にユマニチュードを勉強したい場合、どのように学ぶのが良いのでしょうか。初心者の方でも挑戦しやすい方法を紹介します。

ユマニチュード研修を受ける

株式会社エクサウィザーズは、日本国内で唯一、正規のユマニチュード研修を運営しています。研修は日本ユマニチュード学会の代表理事・本田美和子氏の監修に基づいた、認定インストラクターによるものです。

専門職を対象とした「入門1日間コース」「実践者育成2日間コース」のほか、一般の方向けの「市民講座」も開催されています。「市民講座」では認知症の症状からユマニチュードの哲学、技法までを学ぶことができます。所要時間は2時間ほどで、受講料は6,000円からです。

これまでに北海道から九州まで全国各地で開催されていますので、気になる方は公式ホームページをご確認ください。

ユマニチュード 研修案内(株式会社エクサウィザーズ)

アプリ「ケアウィズ 家族支援」

ユマニチュード研修を運営している株式会社エクサウィザーズによるアプリです。家族の介護をしている方向けに、ユマニチュードに基づいたケア技法を動画で紹介しています。また、日記機能やインストラクターに電話で相談できる機能も備わっていることが特徴です。

アプリ名 ケアウィズ 家族支援
提供元 株式会社エクサウィザーズ
対応端末 iPhone/iPad
価格 無料(リリースキャンペーン中のため、今後有料化する可能性があります)

本を読む

日本ユマニチュード学会は、これからユマニチュードを学ぶ方向けのおすすめの書籍を公式ホームページで紹介しています。その一部を抜粋して紹介しましょう。

『家族のためのユマニチュード』(誠文堂新光社)

著者:イヴ・ジネスト/ロゼット・マレスコッティ/本田美和子
定価(税込):1,760円

タイトルのとおり、家族を介護している方に向けてユマニチュードを分かりやすく解説する1冊です。この記事でも紹介している「4つの柱」「5つのステップ」をはじめ、ユマニチュードの基礎を紹介しています。イラストが多く、視覚的にもケアのポイントを理解しやすいことが特徴です。

後半では、家族の介護で悩みが多い状況を例にとって対応方法を紹介しています。「一生懸命介護しているのに、嫌がられてしまう」などとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考:『家族のためのユマニチュード』(誠文堂新光社)

『ユマニチュード入門』(医学書院)

著者:本田美和子/イヴ・ジネスト/ロゼット・マレスコッティ
定価(税込):2,200円

一般の方か専門職かを問わず、ユマニチュードを初めて学ぶ方のための入門書です。根本となる「人とは何か」「ケアをする人とは何か」を考える哲学から解説されています。

「ユマニチュードのケア技法だけではなく考え方からしっかり理解したい」という方におすすめです。

参考:『ユマニチュード入門』(医学書院)

『ユマニチュードと看護』(医学書院)

著者:本田美和子/伊東美緒
定価(税込):2,200円

介護・医療の現場で働く方に向けて、ユマニチュードの基礎や活用事例などを紹介しています。実際の現場で実践されてきたことや研究結果などのエビデンスに基づいた内容です。

認知症ケア以外の領域での実績も掲載されており、ユマニチュードの可能性を感じさせるものとなっています。

参考:『ユマニチュードと看護』(医学書院)

ユマニチュードには一部批判もある?

ユマニチュードは、ときに「魔法のよう」と表現されることがあります。これは「寝たきりの方が立ち上がった」などの事例がメディアでもしばしば取り上げられるためです。ユマニチュードによって大きな変化がもたらされることが注目されています。

一方で、ユマニチュードに対して批判があることも事実です。否定的な意見の多くは、先の「魔法のような」に代表されるメディアの過剰な取り上げ方と、「介護現場では当たり前のことばかりだ」という、現場とメディアとの意識の乖離によるものでしょう。

確かに「見る」「話す」「触れる」「立つ」技術は、介護に携わっていれば誰にでもできるような基本的なことかもしれません。しかし日本ユマニチュード学会によれば、ケア映像の分析では「相手のことを大切に思っていると伝える」というユマニチュードの本質にのっとった技術は、ほとんど使われていなかったといいます。

また仮に介護現場では当たり前であるならば、自宅での介護に取り入れることで何らかの効果が得られる可能性もあるはずです。少なくとも、ユマニチュードを実践することがマイナスに働くという根拠はありません。そして別の視点で考えるならば、介護の現場で当たり前のことができているのであれば、ユマニチュードだけにこだわる必要もないともいえます。

ケアの技法にはさまざまな種類があり「どれが正しい」「どれが間違っている」と決めることは難しいものです。ユマニチュードで改善した実績があることは確かですので、興味のある方は実践してみても損はないでしょう。

認知症ケアの根本的な手法としてユマニチュードは大切

ユマニチュードは「相手を大切に思う」という、一見当たり前の考え方に基づいたケア技法です。しかし認知症や意思疎通が困難な場合など、相手に思いを伝えることが困難なこともあります。だからこそユマニチュードでは、思いを伝えるための技術やステップを定義しているのです。

とりわけ家族の介護では、ケアを拒絶されたり怒りを表されたりすると、思いが伝わらないことに途方に暮れる場面もあるでしょう。そのようなときは少しでも介護の負担が軽くなるよう、ユマニチュードを試す価値はあるでしょう。

この記事のまとめ

  • ユマニチュードは1979年にフランスで生まれたケアの技法
  • 基本の考え方は「あなたが大切」という思いを伝えること
  • 実際のケアは「4つの柱」と「5つのステップ」で構成される

豊富な施設からご予算などご要望に沿った施設をプロの入居相談員がご紹介します

介護まるわかりガイド