軽度認知障害(MCI)とは|初期症状や診断基準、病院での治療法など

認知症については知っていても、その前段階といわれる「軽度認知障害(MCI)」については分からないという方も多いでしょう。認知症の多くは発症すると完治は困難です。進行するにつれて、介護の負担は大きくなってしまいます。早い段階でケアをして進行を緩和するためにも認知症の手前の段階で予兆に気づき、対策をすることが大切です。

今回は軽度認知障害(MCI)について症状検査方法対策をご紹介します。「家族が高齢になってきた」「自分のもの忘れが心配」という方は、認知症対策の第一歩としてぜひ参考にしてください。

更新日:
軽度認知障害(MCI)とは|初期症状や診断基準、病院での治療法など
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

軽度認知障害(MCI)とは

「軽度認知障害」は認知症の手前の状態です。Mild Cognitive Impairmentの頭文字をとって「MCI」と呼ばれることもあります。

「軽度認知障害」はもの忘れと認知症の中間と捉えられています。では具体的にどのような状態なのでしょうか。

軽度認知障害(MCI)は老化によるもの忘れと認知症の間の状態

人は誰しも、年齢を重ねると忘れっぽくなる傾向が見られます。「あの人の名前は何だっけ?」「昨日の夕食は何を食べたかしら?」など、一般的に「もの忘れ」といわれる現象です。

一方で、認知症の場合は経験や体験そのものが記憶から抜け落ちてしまいます。例えば「顔見知りなのにその人の存在自体を忘れてしまう」「夕食を取ったのに『食べていない』と言う」といったケースです。このような認知機能の障害によって日常生活に支障をきたすようになると、認知症と診断されます。

軽度認知障害(MCI)は、その名の通り「軽度の」認知障害が見られる状態です。つまり認知機能が健常とはいえないものの、認知症と診断されるほどの日常生活への影響はまだないものになります。

厚生労働省によると、軽度認知障害(MCI)の定義は次の5項目です。これらに全て当てはまれば、軽度認知障害(MCI)と判断されます。

軽度認知障害(MCI)の定義
  1. 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する。
  2. 本人または家族によるもの忘れの訴えがある。
  3. 全般的な認知機能は正常範囲である。
  4. 日常生活動作は自立している。
  5. 認知症ではない。
参考:厚生労働省 e-ヘルスネット「軽度認知障害

軽度認知障害(MCI)と認知症との違い

軽度認知障害(MCI)も認知症も、認知機能に何らかの障害がある状態です。それでは両者の違いはどこにあるのでしょうか。

ポイントとなるのは「日常生活への影響度」「健常に戻る可能性の有無」です。

日常生活への大きな影響があるかどうか

軽度認知障害(MCI)は、基本的な生活に影響を及ぼすほどの症状ではありません。例えば食事や入浴、トイレなどは問題なく自分自身で済ませられる状態です。

一方で認知症はさまざまな疾患によって認知機能に障害が現れ、通常の生活に支障をきたす状態のことを指します。つまり認知症の判断基準には「日常生活に影響があること」が含まれているのです。

症状の程度や進行具合によって、普段の生活にどれほどの影響が出ているかが、軽度認知障害(MCI)と認知症の違いになります。

軽度認知障害(MCI)は治る可能性がある

軽度認知障害(MCI)と認知症にはもう1つの違いがあります。それが「健常な状態に戻る可能性があるかどうか」です。

認知症は一部の疾患をのぞいて、完治することは難しいといわれています。しかし軽度認知障害(MCI)は、適切な治療を受けることで治る可能性があるのです。

軽度認知障害(MCI)と診断された方が健常な状態に戻る割合は14~44%と報告されています。ただし年間で10~15%の方は認知症を発症するとする研究もあるのが実情です。

軽度認知障害(MCI)の進行には生活習慣なども深く関係していると考えられており、早期発見・早期治療が重要視されています。

認知症は早期発見が大事といわれる理由

軽度認知障害(MCI)は認知症と同じく、できる限り早く発見することが大切です。そもそも認知症はなぜ早期発見が重要なのか、その理由を理解しておきましょう。

認知症の多くは根治が難しく、症状が進行していく

まず前提として、認知症は1つの病気ではありません。さまざまな疾患などが原因で認知機能が衰え、生活に支障をきたすような症状が現れることを総じて「認知症」と呼びます。つまり認知症にはあらゆる原因があり、症状も対処法も異なるのです。

日本の認知症患者で割合が多いのは「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レビー小体型認知症」で、三大認知症といわれています。原因もある程度は解明されているものの、確実には判明していません。

残念なことに「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レビー小体型認知症」も含め、認知症の多くは根治する方法が見つかっていません。いったん認知症を発症してしまうと「症状をうまくコントロールしながら進行を遅らせる」「生活の質を向上させる」といった目的で治療を継続することになります。

しかし確かな治療法がないからと放置してしまうと、症状はさらに進行してしまいます。現状から悪化させないためにも、気づいた時点で診断や治療を受けることが重要です。

三大認知症については、以下の記事でそれぞれ詳しく紹介しています。
アルツハイマー型認知症とは|症状の特徴・治療法などを紹介
レビー小体型認知症とは|症状・原因・リハビリなどの対処法などを解説
血管性認知症とは、症状や進行の仕方、治療方法などを紹介

治る可能性がある認知症の手術が難しくなる

ほとんどの認知症は根治できませんが、なかには「治る認知症」と呼ばれる種類もあります。「正常圧水頭症」「慢性硬膜下血腫」という2つの病気が原因のケースです。

簡単に説明すると「正常圧水頭症」は脳と頭蓋骨の間に水がたまっている状態を指します。「慢性硬膜下血腫」は頭をぶつけたことが原因で、頭蓋骨と硬膜の間に血がたまってしまう病気です。

どちらも手術によって原因を取り除けば、認知症の症状も解消できます。原因となっている箇所が小さければ、服薬や経過観察で改善するケースもあるのです。しかし発見が遅れて病態が悪化してしまうと、より難易度の高い手術に臨まなければいけないリスクが生じます。

認知症には、思わぬ病気が隠れている可能性があります。原因の判断も難しいため、異変に気づいたらできるだけ早めに診断を受けることが大切です。

認知症の重度によって介護の負担は大きく違う

認知症は原因もさまざまなうえ、症状にも多くの種類があります。また、認知症が進行するにつれて症状の種類や深刻度も変化するのが特徴です。

例えばアルツハイマー型認知症の場合、もの忘れや判断能力の低下などの症状から、徐々に徘徊や失禁なども見られるようになります。さらに症状が進行すると、体の動きを制御できなくなり日常生活のほぼ全てに介助が必要です。

参考:Alzheimer's Association「段階

認知症は重度になるほど多くの症状が現れるため、本人にとっても苦痛が生じるほか、介護者の負担も増大します。早期に発見して適切な対応をすることが、本人と介護者、双方の負担を軽減することにつながるのです。

認知症全般についてより詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。
【専門家が監修】認知症とは|症状・予防法・検査方法などを解説

軽度認知障害(MCI)の初期症状とは

それでは、軽度認知障害(MCI)にはどのような症状があるのでしょうか。早期発見のためにも、症状を知って予兆にいち早く気づくことが重要です。

ここでは代表的な症状を紹介します。

  • 体験は覚えているものの、詳しい内容を忘れる
  • 同じ話を何度も繰り返す
  • 物を置き忘れたり、しまい忘れたりする
  • 1人暮らしはできるが、家事や炊事がスムーズにできなくなる
  • 趣味や外出に消極的になる

体験は覚えているものの、詳しい内容を忘れる

代表的な症状は、記憶の能力が徐々に低下することによるもの忘れです。認知症のように「体験そのものを忘れる」ということはないものの「いつ」「どこで」「誰と」など詳しく話を聞こうとすると思い出せません。

加齢によるもの忘れであれば、ヒントを与えると思い出せることがほとんどです。ヒントを出しても全く思い出せない場合は、軽度認知障害(MCI)が疑われます。

同じ話を何度も繰り返す

会話した内容を忘れてしまい、同じ話を繰り返すことが増えます。「何度も同じことを言っている」「同じ質問を繰り返すようになった」というときは、軽度認知障害(MCI)の可能性があります。

物を置き忘れたり、しまい忘れたりする

認知症の代表的な症状の1つが「物盗られ妄想」です。自分でどこかに物を置いたにも関わらず、その記憶が抜けてしまうことで「誰かに盗られた」と思い込んでしまいます。

その予兆となるような置き忘れ、しまい忘れが頻繁に見られるようになったら、軽度認知障害(MCI)のサインかもしれません。

1人暮らしはできるが、家事や炊事がスムーズにできなくなる

日常生活に大きな支障をきたすほどの症状はないのが、軽度認知障害(MCI)の特徴でもあります。そのため、1人暮らしを続けていてもあまり大きな問題はありません。

しかし判断能力やものごとを順序立てて効率よく遂行する能力が低下するため、家事がそれまで通りにはできなくなるのです。「料理の失敗が多くなる」「水を出しっぱなしにする」などの変化があります。

趣味や外出に消極的になる

軽度認知障害(MCI)の症状は、記憶に関するものばかりではありません。意欲が低下し、うつ病のような症状が出るケースです。

「好きで続けていた趣味に興味を示さなくなる」「外出したがらなくなる」など、一見認知症とは関係のなさそうな変化が起きる可能性もあります。

軽度認知障害(MCI)が疑われるときは病院で検査を

軽度認知障害(MCI)の代表的な症状を紹介しました。しかし実際のところ「加齢による物忘れなのか」「軽度認知障害(MCI)なのか」あるいは「認知症になっているのか」を判断するのは非常に難しいものです。

また先にも述べたように、認知症にもさまざまな種類があります。誤った自己判断は正しい対応を遅らせることにつながり、状況がさらに悪化するリスクもあるのです。

「軽度認知障害(MCI)かもしれない」と心配なときは、できるだけ早く病院を受診することをおすすめします。初めて受診する際は、どの医療機関にかかるべきなのでしょうか。

まずはかかりつけ医に相談する

初めに、日ごろからお世話になっているかかりつけ医に相談してみましょう。認知症とは別の病気が影響している可能性もあるため、普段の様子や体調を把握している医師に診てもらうことが有効です。

そのうえで認知症や軽度認知障害(MCI)の可能性があると判断されたら、専門的な医療機関を紹介してもらいましょう。

最近では、かつてよりも認知症が広く知られているため「もの忘れ外来」「認知症外来」を設けている病院も増えています。もし近所にそのような医療機関があれば、相談してみるのも1つの方法です。

病院を受診するときの注意点

認知症や軽度認知障害(MCI)の場合、高齢者本人にも多少の自覚があります。嫌がっているのに無理やり連れていったり、あからさまな嘘でだまして受診させたりすると、不信感を抱いて2度と行きたがらなくなるケースもあるので注意が必要です。

慣れない病院だと不安を増長させる可能性もあります。どの病院にかかるかは、慎重に検討しましょう。また紹介なしで大病院にかかると特別料金も発生しますので、気を付けてください。

受診する前には「将来に備えて検査してみよう」などと、本人のためを思っていることを優しく伝えて、できるだけ不安を払拭することも大切です。また「認知症」などの直接的な言葉を使うと、より抵抗が強くなる可能性もあります。あくまでも本人の気持ちを尊重し、前向きに受診できるようにしましょう。

軽度認知障害(MCI)と認知症の検査はほとんど同じ

軽度認知障害(MCI)の検査で実施することは、認知症の検査とほぼ同じです。ここからは検査の内容について解説します。

なお自己判断で軽度認知障害(MCI)かどうかの診断はできません。気になる方は病院で検査を受けましょう。

長谷川式認知症スケール(HDS-R)

精神科医の長谷川和夫氏によって開発されたチェックシートで、医療機関での診断に広く使用されています。

1つずつ順番に質問し、答えによって得点をつける方式です。30点満点中20点以下の場合、認知症の可能性が高いとされています。軽度認知障害(MCI)の診断基準は設定されていません。

質問 得点
1 「歳はいくつですか?」 不正解:0点 正解(2歳までの誤差は正解):1点
2 「今日は何年の何月何日ですか? 何曜日ですか?」 年/不正解:0点 年/正解:1点
月/不正解:0点 月/正解:1点
日/不正解:0点 日/正解:1点
曜日/不正解:0点 曜日/正解:1点
3 「私たちが今いるところはどこですか?」

(答えられなければ5秒後にヒントを与える)

自発的に答えられた:2点
5秒後に「家ですか? 病院ですか? 施設ですか?」の中から正しく選択できた:1点
不正解:0点
4 「これから言う3つの言葉を言ってみてください。あとの設問でまた聞きますのでよく覚えておいてください。」

※以下のいずれかの組み合わせを使用する。

1. a)桜 b)猫 c)電車 / 2. a)梅 b)犬 c)自動車

不正解:0点 3つ正解:3点

2つ正解:2点

1つ正解:1点

5 「100から7を順番に引いてください。」

a) 「100-7は?」

a) 不正解:0点 a) 正解:1点
b) 「それから7を引くと?」

(aに正解の場合のみ質問)

b) 不正解:0点 b) 正解:1点
6 「これから言う数字を逆から言ってください。」

a) 6―8―2

a) 不正解:0点 a) 正解:1点
b) 3―5―2―9 b) 不正解:0点 b) 正解:1点
7 「先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください。」

(答えられなかった言葉にはヒントを与える)

自発的に答えられた:1つの言葉につき各2点
ヒント「a)植物 b)動物 c)乗り物」を与えたら正解できた:1つの言葉につき各1点
不正解:0点
8 「これから5つの品物を見せます。それを隠しますので何があったか言ってください。」

※1つずつ名前尾言いながら並べ覚えさせる。次に隠す。物は相互に無関係なものを使う。

全問不正解:0点 5つ正解:5点

4つ正解:4点

3つ正解:3点

2つ正解:2点

1つ正解:1点

9 「知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。」

※答えた野菜の名前を記入する。途中で詰まり、約10秒待っても出ない場合にはそこで打ち切る。

0~5個:0点 10個以上:5点

9個:4点

8個:3点

7個:2点

6個:1点

参考:一般社団法人 日本老年医学会「改定長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

ミニメンタルステート検査(MMSE)

1975年に米国の精神科医によって作成された知能検査です。神経心理検査としては、世界中で最も使用されています。

長谷川式認知症スケールと同様に、1つずつ質問して合計得点で判断します。認知症疑いの基準は、30点満点中23点以下です。また27点以下であれば、軽度認知障害(MCI)の疑いがあります。

質問 得点
不正解 正解
1 「今日は何日ですか?」 0点 1点
「今年は何年ですか?」 0点 1点
「今日は何曜日ですか?」 0点 1点
「今月は何月ですか?」 0点 1点
2 「ここは都道府県でいうと何ですか?」 0点 1点
「ここは何市(区・町・村など)ですか?」 0点 1点
「ここはどこですか?」

※地名で答えた場合「この施設の名前は何ですか?」と質問を変える。

0点 1点
「ここは何階ですか?」 0点 1点
「ここは何地方ですか?」 0点 1点
3 「今から私が言う言葉を覚えて繰り返し言ってください。『さくら、ねこ、電車』はい、どうぞ」

「今の言葉は、後で聞くので覚えておいてください」

全て不正解:0点 3つ正解:3点

2つ正解:2点

1つ正解:1点

4 「100から順番に7を繰り返し引いてください」

※5回繰り返す

全て不正解:0点 5回正解:5点

4回正解:4点

3回正解:3点

2回正解:2点

1回正解:1点

5 「さっき私が言った3つの言葉は何でしたか?」 全て不正解:0点 3つ正解:3点

2つ正解:2点

1つ正解:1点

6 時計(または鍵)を見せながら「これは何ですか?」

鉛筆を見せながら「これは何ですか?」

どちらも不正解:0点 2つ正解:2点

1つ正解:1点

7 「今から私が言う文を覚えて繰り返し言ってください。

『みんなで力を合わせて綱を引きます』」

0点 1点
「今から私が言うとおりにしてください。右手にこの紙を持ってください。それを半分に折りたたんでください。そして私にください。」 全てできない:0点 3つできた:3点

2つできた:2点

1つできた:1点

9 『目を閉じてください』と書かれた紙を見せて「この文を読んで、この通りにしてください」

※音読か黙読かにかかわらず、目を閉じれば正解とする。

0点 1点
10 「何か文章を書いてください。どんな文章でもかまいません。」

※例文を与えてはいけない。

0点 1点
11 「この図形を正確にそのまま書き写してください」 0点 1点
参考:メディカサイト「Mini-Mental State Examinaton (MMSE)

MRI

MRIは、強い磁場と電波を使用して脳内の画像を撮影する検査です。認知症や軽度認知障害(MCI)の症状が見られる場合、脳の病気を抱えている可能性もあります。

正しい原因を突き止めるためにも、問診だけでなく脳の検査を受けることが必要です。

SPECT(脳血流シンチグラフィー)

SPECT(脳血流シンチグラフィー)も、MRIと同じく脳の状態を調べる検査です。SPECTでは画像ではなく、脳の血流を測定します。

例えばアルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症では脳の血流が低下する部位が異なるため、SPECT検査をすることで判別できる可能性が高まります。認知症になる前にその予兆を発見できれば、より的確な対策をとれるでしょう。

認知症の検査については、以下の記事で詳しく紹介しています。気になる方は参考にしてください。
認知症のテストや検査方法とは|病院での診断と自宅でする方法を紹介

軽度認知障害(MCI)への対策

病院で軽度認知障害(MCI)と診断されると「自分はすぐに認知症になってしまうに違いない」と落ち込んでしまうかもしれません。

確かに軽度認知障害(MCI)は認知症の手前の段階です。しかし、本格的な認知症を発症する前に気づけたということは、改善の可能性もそれだけ大きいのです。

冒頭でも触れたように、認知症の多くは根治する方法が見つかっていません。そのため認知症や軽度認知障害(MCI)についても、絶対的な予防法や対策はないのが現状です。

ただし、認知機能の低下にはあらゆる生活習慣が影響していることが分かってきています。認知症のリスク低減が期待できる方法を知って、日常生活に取り入れてみましょう。

認知症の予防については、以下の記事でより詳しく説明しています。ぜひご参考ください。
認知症を予防するための方法とは|食事(サプリ)・運動・脳トレ・趣味など

食事

認知症の約半数を占める「アルツハイマー型認知症」や脳卒中が引き金になる「血管性認知症」は、生活習慣病との関連が指摘されています。そのため「塩分や糖分を控える」「バランスよく多品目を取り入れる」など、食生活を改善することが効果的です。

健康的な食事は認知症予防だけでなく、その他の病気を防ぐ意味でも重要になります。ぜひこの機会に見直してみましょう。

また、認知症に効果がある可能性のある食品も分かってきています。代表的な食品とその成分をまとめましたので、意識して取り入れてみてください。

認知症予防効果が期待できる食品
  • 魚(EPA、DHA)
  • 緑黄色野菜、果物(葉酸、ポリフェノール、ビタミンE、ビタミンCなど)
  • 緑茶(カテキン、テアニン)
  • 赤ワイン(ポリフェノール)

運動

運動は血行促進や脳細胞の活性化など、脳の機能を鍛える効果をもたらします。無理に強度の高い運動をする必要はありません。「1日30分以上の有酸素運動を週3回以上」が目安です。

趣味・レクリエーション

好きなことを楽しんだり、物事に興味を持って取り組んだりすることで、脳は活性化します。軽度認知障害(MCI)の症状としても無気力になる傾向があるため、意識的に趣味活動やレクリエーションに参加しましょう。

なかでも「音楽療法」と「絵画療法」は、日本認知症予防学会のエビデンス創出委員会によって有効性が認められています。特に趣味がないという人は楽器演奏や歌、絵画を始めてみてはいかがでしょうか。

参考:日本認知症予防学会 「エビデンス創出委員会

他者とのコミュニケーション

高齢になると退職や家族・友人関係の変化などによって、人と関わる機会が減るケースも多いものです。しかし他者と関わらずに孤独な生活をしていると、精神的に悪影響があるうえ認知機能も低下してしまいます。

「家族とこまめに連絡をとる」「趣味の集まりに参加する」「友人と一緒に出かける」など、他者と積極的にコミュニケーションをとることが大切です。近年では、高齢者の通いの場を設けている地域も多々あります。気になる人は、地域包括支援センターや役所に問い合わせると情報が得られるでしょう。

脳トレ

「考える」「記憶する」「判断する」といった認知機能を使うことを、知的行動といいます。知的行動を習慣化することは、認知機能を鍛えるために効果的です。

計算問題文章の読み書きはもちろん、ゲームも脳のトレーニングになります。スマートフォンの脳トレアプリには、離れていても家族で結果を共有したり対戦したりできるものや、コミュニケーションのきっかけになるものもあります。

「離れて暮らす高齢の家族が心配」という人は、見守りの意味もこめて家族と一緒に利用してみてはいかがでしょうか。

予防法と治療法が確立されていないからこそ、早期発見が大切

今回は、軽度認知障害(MCI)の検査方法や対策について紹介しました。効果があると考えられる方法は多数生み出されているものの「これをすれば絶対に軽度認知障害(MCI)や認知症にならない」というものはまだありません。

残念ではありますが、軽度認知障害(MCI)や認知症については研究途上で、解明されていない部分も多いのが実情です。一方で、世界的に研究が進み新しい発見も繰り返されています。

未知の部分が多い病気だからこそ、症状が軽いうちに発見して対策することが非常に大切です。「家族が高齢になってきた」「これまでとは違う様子が見られる」という方は、ぜひ軽度認知障害(MCI)のことを知ってチェックしてみてください。

この記事のまとめ

  • 軽度認知障害(MCI)は、認知症の手前で認知機能が衰え始めた状態
  • 認知機能が心配な場合は、まずかかりつけ医に相談する
  • 軽度認知障害(MCI)や認知症の対策には、生活習慣の改善が大切