通所介護(デイサービス、デイケア) - 介護施設の探し方ガイド

通所介護(デイサービス、デイケア)

通所介護は居宅サービスの一つで、デイサービスやデイケアなどを指します。その名のとおり生活の基本軸を自宅におきながら、日帰りで必要な介護やリハビリを受けることができます。

3行でまとめ

  1. 施設に入居してそこで暮らす「施設サービス」に対し、日帰りで介護やリハビリなどのケアを受けること、あるいはその施設。

  2. デイサービス(通所介護)は、日帰りで食事や入浴、レクリエーション、地域交流などを中心とした生活介護を提供

  3. デイケア(通所リハビリテーション)は、食事や入浴といった生活支援とリハビリを行い、自宅での自立した日常生活を送れるようサポート

概要

居宅サービスの1つである通所介護は、主にデイサービスとデイケアの総称。自宅から施設に通い、日帰りで受けるサービスのことです。デイサービスは食事や入浴といった生活支援を受けたり、レクリエーションなど社会交流の場を提供。デイケアは理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションを中心に生活支援も提供しています。「介護予防サービス」を提供する施設であれば、要支援など軽度の方から利用可。介護度や利用時間、利用したいケアの種類により料金が異なります。こうした通所型施設は、介護にあたる家族の負担を軽減したり、高齢者の引きこもりを防ぐといった点においても重要な役割を果たしています。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

介護度 自立 要支援 要介護

×

その他の条件 認知症の受け入れ 収入の審査

認知症対応型であれば可

なし

介護予防サービスを提供する施設では要支援から利用可。特定疾病で要支援、要介護認定を受けた場合は65歳以下でも利用できます。認知症の方は、認知症対応型通所介護施設を利用することで、手厚い介護を受けることができます。

費用・価格・料金

モデルケース1

地域加算のかからない地方部にある通常規模(1カ月の延べ利用人数301〜750人)施設を、要介護1、介護保険自己負担比率1割の方が3時間程度利用した場合の目安
昼食、選択的サービス(運動器機器訓練、口腔ケア、栄養指導等)、送迎等なし…1日約300〜400円

モデルケース2

東京23区内(1級地)にある小規模施設(1カ月の延べ利用人数300人以下)を、要介護5、介護保険自己負担比率2割の方が7〜9時間利用した場合の目安
食費(昼食、おやつ)、入浴、選択的サービス、レクリエーション料等の加算をした合計額…1日約3000〜5000円程度

モデルケース3

通常規模(1カ月の延べ利用人数301〜750人以下)施設を、要支援1、介護保険自己負担比率1割の方が利用する場合…1カ月1647円〜1812円
(別途、利用する分だけ食費、入浴、レクリエーション、選択的サービスの費用がかかります。)※厚生労働省http://www.kaigokensaku.jp/publish/group7.html 準拠

利用に際して初期費用は不要です。要支援の場合は月単位、要介護の場合は1日単位で利用料金(介護保険による介護サービス利用料自己負担分)、おむつ代、食費(500円〜700円)、入浴料(50円程度)、送迎費といった日常生活費がかかります。利用する頻度や時間、選択するケアの種類、介護度などによって利用料が異なります。

サービス内容

居室・設備

基本的に日帰りでの利用を想定しているので居室や宿泊設備はありません。(ただし短期入所施設を併用している場合は居室があります)。複数の利用者が集い、レクリエーション等を行うのに十分な広さの食堂および機能訓練室、機械浴などの設備を備えた浴室、トイレなどがあります。デイサービスでは施設により多彩なレクリエーションを提供するため、それぞれに特色ある娯楽施設(プール、シアタールーム、カラオケルームなど)を備えていることもあります。

料理・食事

栄養バランスに配慮した食事を施設内の食堂で提供します。食事は施設内で調理したり、配食サービスに頼っている場合などさまざま。いずれの場合も個人の健康や咀嚼能力に合わせた食事が提供されます。スタッフの介助や見守りを受けられるので、誤嚥、誤飲などの緊急事態が起こっても素早く対応してもらえます。

介護/看護/医療体制

利用者の緊急時に対応がとれるよう、近隣の医療機関と提携しています。病院や医療機関に併設されている施設も多く、そうした施設だとなお安心です。施設に1人は看護職員が配置されており、利用者の健康管理やケアにあたっています。また、機能訓練の指導にあたる理学療法士や作業療法士などがいて、利用者の生活機能向上に努めています。

介護のほんね入居相談室に相談する