軽費老人ホーム(A型・B型) - 介護施設の探し方ガイド

軽費老人ホーム(A型・B型)

軽費老人ホームは、自立した生活ができる低所得者向けの施設です。自治体からの補助を受け低額で利用できます。食事つきのA型、食事なしのB型、所得制限のないC型(ケアハウス※別項)があります。

3行でまとめ

  1. 身よりがない方、経済状況が厳しい方で、一人での生活が不安な方が、生活支援を受けながら自立した生活を送るための施設

  2. 食事がついたA型と、食事なしのB型がある。今後新築、改装される場合はすべてC型(ケアハウス)へ一元化される

  3. 家庭の状況や収入制限などの入居規定がある。数も減少傾向のため、入居難易度は高い傾向

概要

社会福祉法人や自治体が運営する軽費老人ホームは、生活環境や経済状況により家族の援助を受けられず、生活に不安を抱えた60歳以上の方が、自治体の助成を受け低額で利用できる施設です。住宅としての性格が強く、自立した生活ができる方向け。食事つきのA型、食事なしのB型、食事・介護付きのC型(ケアハウス※別項参照)があります。外部の介護保険サービスが利用できますが、一部例外を除き介護度が重くなったら退去しなければなりません。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

×

介護度 自立 要支援 要介護

その他の条件 看取り・ターミナルケア 認知症の受け入れ 収入の審査

×

×

所得制限あり

60歳以上入居可。夫婦で入居する場合はどちらか一方が60歳以上であればOKです。自治体によって異なりますが、資産、所得、仕送り等を合わせた収入が月35万円程度(施設利用料の2倍程度)以下などの所得制限があります。認知症の方は基本的に受け入れていません。

費用・価格・料金

入居時費用の相場

数十万円

入居時費用の補足

一般の賃貸住宅の敷金に相当します。基本的には、退去時に家賃滞納・修繕・清掃に充てられ、残金が返還されます。

月額費用の相場

A型は6〜17万円程度、B型は3〜4万円程度

月額費用の補足

月額費用に含まれるのは家賃・施設設備管理費・人件費・水道光熱費。A型の場合は食費も含まれます。

食費がかからない分、B型のほうが月額が格段にリーズナブル。ですが外部の介護サービスを利用する場合は、別途その利用料がかかります。介護サービスの数が増えるとその分高くなりますので注意が必要です。

サービス内容

居室・設備

A型では個室、準個室(ベッド間を仕切ってプライバシーを確保したもの)、B型は一人用の個室です。夫婦二人で入居できるところもあります。個室には洗面所、トイレ、収納に加え、B型の場合ミニキッチンを設置。共用部分には、浴室、トイレ、談話室、A型の場合食堂を備えています。なかには娯楽室を設置していたり、レクリエーションに力を入れている施設も。自立した方向けの施設のため、機能訓練室や医療設備はありません。

料理・食事

A型では、栄養バランスや利用者の状況に配慮した食事が毎日3食提供されます。食堂で、スタッフの見守りを受け、ほかの入居者とのコミュニケーションを図りながら食事を楽しむことができます。一方B型では、居室内に備わったキッチンで自炊します。

介護/看護/医療体制

厚生労働省の軽費老人ホーム設置基準で、協力医療機関を定めるよう規定されているので、緊急時の連携はスムーズです。自立した方向けの施設のため、機能訓練や医療ケアを受けることは基本的にできません。介護度が上がってしまった場合は退去したり、特別養護老人ホーム等への転居が必要です。

介護のほんね入居相談室に相談する