管理栄養士 - 介護施設の探し方ガイド

管理栄養士

病気や障害を抱える人にとって適切な食事の献立を考える管理栄養士。介護施設では主に利用者の状態に合わせた療養食の提供や管理を行うほか、調理方法の工夫や食事そのものを楽しめるような工夫などを行っています。

用語の説明

管理栄養士は、主に病気や障害を持つ方の栄養指導や給食の献立立案を行う専門家です。介護施設においては、加齢により咀嚼や嚥下に困難を抱える方も少なくありません。そのため、少ない食事でも効率的に栄養が取れるように献立内容を工夫したり、食べやすいよう調理方法を工夫したりする必要があります。こうした対応をするのが管理栄養士の役目です。


管理栄養士は日頃から利用者それぞれの食事の様子を観察したり、ほかのスタッフと連携して情報収集したりして、献立の改善に役立てています。また、食事の時間を楽しく過ごせるよう配慮することも仕事の一つ。献立や調理方法だけでなく、味付けや盛り付けにも工夫を凝らします。管理栄養士は利用者の健康維持・促進のために欠かせない存在です。


介護施設以外でもさまざまな場所で活躍する管理栄養士。例えば病院やクリニック、学校、保育所、保健所のような行政機関など、それぞれの利用者に合わせた栄養指導などを行っています。スポーツの現場でアスリートの体づくりをサポートしたり、大学や企業の研究機関で商品開発などに携わったりする人もいます。


介護施設の利用を検討する方の中には、アレルギーや糖尿病、高血圧など、食事への配慮が必要な症状・病気を持つ方も多いでしょう。見学時に昼食体験を行っている場合もあるので、どのような対応が可能か確認することができます。

介護のほんね入居相談室に相談する