利用権方式 - 介護施設の探し方ガイド

利用権方式

利用権方式は、居住部分の利用と介護サービスが一体となっており、終身利用できる契約方式。大半の有料老人ホームで採用されており、想定居住期間分の利用料を前払いすることが多いのも特徴です。

用語の説明

利用権方式とは、居住部分(居室・共用部分)の利用料と、介護サービス、生活支援などの利用料などをパッケージしたもので、契約すると終身にわたる利用権を得ることができます。死亡すると権利がなくなるので、家族に相続権などはありません。


建物賃貸借方式・終身建物賃貸借方式は、借地借家法という整備された法律による契約形態ですが、利用権方式は根拠となる法律のない有料老人ホーム用の特別な形態です。介護を前提とする介護付き有料老人ホームでは約8割、住宅型有料老人ホームでも約6割がこの方式を採用するなど、有料老人ホームの契約方式としてはもっとも主流となっています。


利用権方式の場合、利用料の支払い方法が選べる場合もあります。


1. 前払い方式
家賃、介護費、管理費、食費など1か月にかかる費用を計算し、平均寿命から算出された想定居住期間分を入居時に一括で前払いする方法。入居後、決められた年数、方法で施設により償却されていきます。想定期間を超えた分の利用料はかからないため、長生きした場合は割安になります。


2. 月払い方式
家賃、介護費、管理費、食費など1か月にかかる費用を月ごとに支払う方式です。一般的に前払い方式よりも月額料金が高めに設定されていることが多く、居住年数が長くなれば割高になります。


利用権方式においては特に1.前払い方式が特徴的で、利用料を全額、あるいは一定額前払いという方式はほかの契約方式には見られない支払い方法です。契約に当たっては、どの部分が前払い金に含まれていて、何が別途必要になるのかを十分チェックしておくようにしましょう。

介護のほんね入居相談室に相談する