作業療法士 - 介護施設の探し方ガイド

作業療法士

作業療法士とは、心身に障害を持った人のリハビリテーションをサポートする職業です。日常生活に必要な作業(動作)の練習を通して、その人に合わせた体の機能回復と心のケアを行います。

用語の説明

作業療法士の「作業」とは、日常生活を送る上で必要なすべての動作を指します。たとえば、食事をしたり着替えたりするなどの日常動作、そして仕事をすること、全てが作業にあたります。作業療法士とはこれらの作業の訓練を通して、心や体に障害を持つ人のリハビリテーションを支援していきます。


作業療法士は、対象とする人の状態に合わせながら、
・「立つ」「座る」といった基本的な動作や感覚・認知に関する能力
・家事やトイレ、着替えなどの生活するために必要な動作
・就学や就労など社会に適応できる能力
などの改善を目指していきます。関節の動きや筋力が低下しないようにするための訓練はもちろん、手芸や絵画など手先を動かすのも作業療法の一環です。


作業療法では運動機能や運動能力の改善を目指す理学療法よりも、より日常生活の動作に沿った訓練を行います。そして、訓練を行いながら判断力や記憶力を高めたり、レクリエーションを行うことで感情表現の発達を促したりもします。


作業療法士は、介護老人保健施設や通所リハビリ(デイケア)といった多くの介護施設で活躍しているほか、病院・クリニックなどのリハビリ室、保健所や地域包括支援センターの保健福祉に関わる施設、障害者・障害児支援施設などでも就業しています。病気や障害を持つ人がその人に合った方法で生活を送り、社会に適応できるよう支援し、そして、対象者にとって必要なあらゆる専門家とチームを組み、サポートを行っています。

介護のほんね入居相談室に相談する