住宅型有料老人ホーム - 介護施設の探し方ガイド

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームでは自立〜要介護度が低い方が、食事、洗濯、見守りといった生活支援サービスを受けながら暮らせます。施設によって設備やサービスに違いがあり、バラエティ豊かな点が特徴です。

3行でまとめ

  1. 自立した方から要支援、要介護の方まで利用できる民間の施設。比較的要介護度の程度が低い方向け

  2. イベントやレクリエーション、娯楽施設などが充実しており、自由に過ごしやすい雰囲気

  3. 介護サービスを利用しない場合は、月額料金も抑えられる傾向にある

概要

住宅型有料老人ホームは、自立〜介護度の低い方向けの施設です。提供されるサービスは主に食事や日常生活の支援、緊急時対応、レクリエーションなど。介護が必要になれば外部の居宅介護や訪問介護サービスを自身で選択して利用することになります。医療機関との提携や病院併設の施設などもあり、介護型とあまり変わらないケアを受けられるところも。介護度が上がった場合、退去を求められることもあります。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

×

介護度 自立 要支援 要介護

その他の条件 看取り・ターミナルケア 認知症の受け入れ 収入の審査

あり

基本的に受け入れは65歳以上と規定されるところが多いですが、施設によっては60歳からOKという施設も。認知症の受け入れは行っていない場合も多く、確認が必要です。

費用・価格・料金

入居時費用の相場

0〜数千万円

入居時費用の補足

介護付きと同様、契約は利用権方式。入居金として敷金や家賃、管理費などを想定入居期間で算出し、前払いします。施設ごとにプランがあり、入居金0円や、全額一括、一部一括といった支払い方法があります。

月額費用の相場

15〜30万円

月額費用の補足

入居金0円の場合は、家賃、管理費+生活費+介護保険料、入居金を支払った場合は生活費+介護保険料などととなります。生活費は食費や水道光熱費、おむつ代などの消耗品などです(詳細は施設によって異なります)。

外部の介護サービスを利用する場合は、その利用料がかかります。介護サービスの数が増えると介護付きのホームより割高になることも。また、食費の計算方法も施設によって、ひと月分を一括、1食単位で計算といった違いがありますので、必ず確認するようにしましょう。

サービス内容

居室・設備

基本的に個室ですが、多床室や夫婦や親子で入居できる広めの部屋を用意しているところもあります。個室内にはトイレ、洗面台、ミニキッチンを備えていたり、まれに個室内に浴室を設置しているところも。共用部には食堂のほか、談話室やゲストルームなどのコミュニケーション用設備、シアタールームやカラオケルーム、プールなどの趣味・娯楽施設を備えているところもあり、その内容は施設によってさまざまです。

料理・食事

食事は基本的に共用の食堂を利用します。数人掛けのテーブルで、スタッフや入居者とコミュニケーションを図りながら食事をとります。体調によっては個室での食事も可能なところもあります。介護食、治療食などが必要な方は、個別に対応してもらえるか確認しておくようにしましょう。キッチンを備えた部屋なら自炊も可能です。

介護/看護/医療体制

介護付き有料老人ホームと違って、介護士や看護師の設置に基準はありません。ですが緊急時は対応が取れるように、病院や医療機関との連携を図っているところがほとんどです。介護や医療行為が必要な方は、必ず施設に確認をするようにしましょう。病院、リハビリ施設、居宅介護サービス事業所に併設されている場合も多く、そうしたところでは介護付きとほぼ同じような体制でケアを受けられます。

介護のほんね入居相談室に相談する