介護付き有料老人ホーム - 介護施設の探し方ガイド

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、生活支援や必要な介護が受けられる施設。自立した方から要介護者まで幅広く利用できます。介護提供を施設スタッフが行う一般型、委託先が行う外部サービス利用型に分けられます。

3行でまとめ

  1. 施設によって異なるが、自立〜要介護の方まで利用可能。要介護1以上とする介護専門型の施設もある

  2. 介護専門型では特に医療・介護体制が充実。自立者から利用できる混合型では娯楽設備が整い、イベントやレクリエーションも多い。居室は個室でプライベートを確保

  3. 介護費用が基本料金に含まれているだけでなく、設備やサービスも充実しており、利用料は高め

概要

介護付き有料老人ホームは、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設です。生活支援サービス、レクリエーション、健康管理などのほか、施設が提供する介護サービスが受けられます。施設スタッフが介護を提供する「一般型」、外部の委託業者が提供する「外部サービス利用型」があります。入居条件や施設設備は施設によってさまざま。65歳以上、要介護1以上の方が対象とされる介護専門型の施設もあり、医療設備や医療機関との連携が特に充実しています。自立した方から利用できるため、特別養護老人ホームなどの公的な施設よりも比較的過ごし方の自由度が高めです。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

×

介護度 自立 要支援 要介護

その他の条件 看取り・ターミナルケア 認知症の受け入れ 収入の審査

あり

入居規定は施設によりさまざまで、受け入れられる年齢や介護度も異なります。胃ろう、ストーマ、糖尿病、心疾患、腎臓病などを持つ方などは、受け入れ可能かどうか、医療設備や連携がどうなっているかなどしっかり確認をするようにしましょう。

費用・価格・料金

入居時費用の相場

0〜数千万円

入居時費用の補足

内訳は、敷金や賃料、管理費といった日常生活に必要なサービスを提供するための対価(家賃等)。想定入居期間によって計算された額を前払いします。支払方法は一括、一部一括、あるいは前払いしない入居金0円プランなどがあります。入居金0円の場合は、その分が月額費用に加算されるので、割高になります。

月額費用の相場

15〜30万円

月額費用の補足

月額費用は、介護保険料、食費、おむつなどの消耗品代、水道光熱費代、また介護人員が国の規定より多く、手厚い介護を受けられる施設の場合は「上乗せ介護費用」などが含まれます。

基本料金に食費が含まれています。家族との外食や自炊時の食費は返還されないところ、必要な分を後日清算してくれるところ、1食単位で計算してくれるところがあります。外食や自炊を楽しみたい方は、事前に食費の計算方法もチェックしておくようにしましょう。

サービス内容

居室・設備

ほとんどの施設はバリアフリーで、居室は車いすでもゆったりと使える広さの個室。個室内にミニキッチンやトイレ、洗面台を完備していたり、夫婦や親子用の二人部屋を持つ施設もあります。共用部分にはトイレ、浴場、食堂、談話室、機能訓練室等を備えています。ゲストルームがある施設では家族の宿泊も可能です。施設によってはカラオケ、シアタールーム、プール、図書室、理美容室といったバラエティ豊かな趣味・娯楽の施設を用意しているところもあります。

料理・食事

栄養バランスに配慮したメニューを、ひとりひとりの咀嚼能力に合わせてソフト食、きざみ食、ミキサー食にして提供。コミュニケーションの場として、また誤嚥などが発生した時もすぐに対応できるよう、基本的に食堂に集まって食事をとります。体調不良時は個室での食事がOKとなることもあります。胃ろうの方への流動食、糖尿病やその他病気の方向けの治療食などの個別対応に関しては各施設に必ず確認するようにしましょう。

介護/看護/医療体制

介護付き有料老人ホームは、基本的に病院や医療機関との連携が充実していて、緊急時も安心できる環境です。人員基準は、要介護者3人につき介護職員1人という「3:1」の体制。中には「1.5:1」という手厚いケアを実践する施設もありますが、その分月額がやや高額になる傾向があります。また入居者の人数に応じて1人〜数人の看護師が配置されています。看護師は24時間体制で常駐する施設もありますが、夜間は不在というところも少なくありません。胃ろうやインシュリン投与が必要な方、ストーマを持つ方など、医療行為が必要な方は特に医療・看護体制がどうなっているかを確認しておくようにしましょう。

介護のほんね入居相談室に相談する