デイケア(通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション) - 介護施設の探し方ガイド

デイケア(通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション)

デイケアは、通所サービスの1つ。食事や入浴といった生活面でのケアに加え、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった専門家によるリハビリテーションを通し、自立した日常生活を送れるように支援します。

3行でまとめ

  1. 自宅で生活する高齢者に対し、施設でリハビリテーションや介護予防を目的とした機能訓練などのサービスを提供。送迎を行っているところも多い

  2. 理学療法士や作業療法士などによる充実したリハビリテーションを通して心身の機能回復が図れる。食事や入浴など日常生活のケアの提供も行う

  3. 施設によっては、レクリエーションや地域交流、生活面でのケアにも注力しているところもある

概要

デイケア(通所リハビリテーション)は、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった専門家によるリハビリテーションを通し、在宅で過ごす利用者の心身の機能回復や、自立した日常生活の支援を行うサービスです。要介護者が利用できる通所リハビリテーション、要支援者から利用できる介護予防通所リハビリテーションがあります。基本的にリハビリが中心ですが、日常的なケア(食事や入浴など)も提供しており、その内容は施設によってさまざま。認知症の方には専用の「認知症デイケア」があります。費用がやや高くなるものの、認知症向けの専門的なケアや生活支援が受けられます。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

介護度 自立 要支援 要介護

×

その他の条件 認知症の受け入れ 収入の審査

認知症専門の認知症デイケアのみOK

なし

原則65歳以上で、特定疾病がある場合は65歳未満でも利用可。認知症専門の認知症デイケアは介護保険でなく医療保険が適用されるので、年齢制限は基本的にありません。

費用・価格・料金

モデルケース1

地域加算のかからない地方部にある通常規模(1カ月延べ利用人数301〜750人)施設を、要介護1、介護保険自己負担比率1割の方が2〜3時間利用
昼食、選択的サービス(運動器機器訓練、口腔ケア、栄養指導等)、送迎等なし…1日約330円

モデルケース2

東京23区内(1級地)にある小規模施設(1カ月延べ利用人数300人以下)を、要介護5、介護保険自己負担比率2割の方が7〜8時間利用
食費(昼食、おやつ)、入浴、選択的サービス等の加算をした合計額…1日約4000〜5000円程度

モデルケース3

通常規模(1カ月延べ利用人数301〜750人以下)施設を、要支援1、介護保険自己負担比率1割の方が利用する場合…1カ月1812円
(別途、利用する分だけ食費、入浴、選択的サービスの費用がかかります。)※厚生労働省http://www.kaigokensaku.jp/publish/group7.html 準拠

利用に際して初期費用は不要です。要支援の場合月単位、要介護の場合1日単位で利用料金(介護保険による介護サービス利用料自己負担分)、おむつ代、食費(500円〜700円)、入浴料(50円程度)、送迎費といった日常生活費がかかります。利用する頻度や時間、選択するケアの種類、介護度などによって利用料が異なります。

サービス内容

居室・設備

複数の利用者が一度に利用できる機能訓練室や食堂、機械浴などができる浴室、トイレなどを備えています。施設によってはレクリエーション用の娯楽施設を設けているところもあります。病院や診療所に併設されていることも多く、その場合リハビリ施設を同一にしていることがあります。通所施設のため、基本的に居室や宿泊設備は用意されていません。

料理・食事

食事は、施設内の食堂で提供されます。食事は施設内の調理室で調理されている場合もあれば、配食サービスを利用している施設なども。いずれも栄養のバランスや個人の健康状態に配慮したメニューの食事が提供されており、必要な方はスタッフの介助を受けながら食べることができます。

介護/看護/医療体制

利用者の緊急時に対応がとれるよう、近隣の医療機関と提携しています。機能訓練の指導に当たる専門員以外にも施設に1人は看護職員が配置されており、利用者の健康管理やケアにあたっています。

介護のほんね入居相談室に相談する