サービス付き高齢者向け住宅 - 介護施設の探し方ガイド

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、将来の介護が不安な高齢者にとって住みやすく作られたバリアフリー賃貸住宅です。サ付きやサ高住とも呼ばれています。

3行でまとめ

  1. 自立や要支援、低度の要介護のように、比較的お元気な方に向けたバリアフリー賃貸住宅

  2. 日中は専門スタッフが常駐しており、身の回りのことの相談がしやすい

  3. 基本的には食事がサービスに含まれないため、自炊や外食もしやすいが、近年では3食提供している施設が多くなってきている

概要

サービス付き高齢者向け住宅とは、現在比較的お元気で将来的に介護の不安がある高齢者向けの、身の回りのサポートや介護が必要になった際のフォローが受けられるバリアフリー賃貸住宅です。大手介護サービス提供会社を中心に、ほとんどは民間の事業者が運営しています。
介護付き有料老人ホームなどとは異なり、介護施設よりは賃貸住宅という印象が強くなっていますが、近年では手厚い介護・看護サービスを提供する施設も増えてきており、介護が必要になった際の代表的な選択肢の一つとなっています。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

介護度 自立 要支援 要介護

その他の条件 看取り・ターミナルケア 認知症の受け入れ 収入の審査

あり

一般的にサービス付き高齢者向け住宅は、自立や要支援、低度の要介護の方に向いています。もともとは現在お元気でお一人での暮らしに不安のある方や高齢で賃貸マンションを借りることが難しくなった方のために国土交通省の主導で作られた高齢者向け賃貸住宅です。
ただし最近では、夜間も介護職員や看護師が常駐している施設、認知症ケアに特化した施設、看取り・ターミナルケアに力を入れている施設など、手厚い介護・看護が必要な方にとっても住みやすい施設が増えてきています。

費用・価格・料金

入居時費用の相場

0〜2000万円

入居時費用の補足

サービス付き高齢者向け住宅の入居時費用の内訳は、敷金、礼金、保証金、前払い家賃などとなります。

月額費用の相場

5〜30万円

月額費用の補足

家賃、共益費、管理費などが内訳となります。

多くの施設で食費と介護保険の自己負担分は実費で別途の費用となっています。そのため、月額費用だけを一見すると低価格と思いがちですが、食事や介護サービスも利用する場合は総額が高くなることもあるので注意が必要です。

サービス内容

居室・設備

一般的には25平米前後のワンルームマンションのような個室が多くなっています。40平米近いご夫婦や親子での入居が可能な施設もあります。
個室の中にお風呂やトイレ、ミニキッチンがついており、共有のリビングや大浴場、食堂などの利用も可能な施設が多くなっています。床に段差がなく、手すりが随所に設置されているなど、バリアフリー化されています。

料理・食事

サービス付き高齢者向け住宅の特徴の一つとして、一般的には食事がサービスに含まれていないことが挙げられます。個室内のキッチンで自炊したり訪ねてきたご家族と外食を楽しんだりしたい方や、胃ろうなどの事情で食事を召し上がれないことが多い方にとっても利用しやすくなっています。
一方、最近では3食お食事を提供している施設も多くなってきており、施設側の用意する栄養バランスの整ったメニューで健康を維持しやすくなっています。この場合の食費は1食数百円〜といった料金体系になっていて、召し上がった分をお支払いする形になっているケースがほとんどです。

介護/看護/医療体制

多くの施設では介護職員が数名在籍しており、日常的な生活のサポートなどを受けやすい体制になっています。中には病院と隣接していたり看護師が複数在籍していたりと、看護・医療の面での体制が整っている施設もあります。ただ、サービス付き高齢者向け住宅の人員設置基準は日中1人以上の専門スタッフを配置することのみなので、あまり多くの介護職員・看護師・医師等が在籍していない施設もあります。持病がある方など高度な看護・医療を必要としている場合は特に、事前の確認が必要です。

介護のほんね入居相談室に相談する