ケアハウス - 介護施設の探し方ガイド

ケアハウス

ケアハウスは、軽費老人ホームの一種で、生活に不安を抱える方や介護が必要な方が、自治体の助成を受け低額で利用できる施設です。一般(自立)型と、介護を提供する介護(特定施設)型があります。

3行でまとめ

  1. 身よりがない、経済状況が厳しい方で、生活支援を受けながら自立した生活ができる方向けの施設

  2. 自立した方向けの一般(自立)型と、介護サービスを提供する介護(特定施設)型があり、サービスや利用料金が大きく異なる

  3. A/B型の軽費老人ホームがケアハウスへ一元化されつつあり、増加傾向にあるため入居難易度は比較的低い

概要

ケアハウスは社会福祉法人や自治体が運営する軽費老人ホームのうち、C型のものを指します。身寄りがない、経済状況が厳しいなど、生活に不安を抱える方が、自治体の助成を受け低額で利用できます。ある程度自立した生活ができる60歳以上の方向けの一般(自立)型、都道府県から特定施設入居者生活介護の指定を受け、65歳以上の要介護者に介護サービスを提供する介護(特定施設)型があります。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

×

介護度 自立 要支援 要介護

一般型/○ 介護型/×

一般型/○ 介護型/×

一般型/× 介護型/○

その他の条件 看取り・ターミナルケア 認知症の受け入れ 収入の審査

少ない方が優先

一般型は基本的に60歳以上(夫婦入居の場合どちらか一方でOK)の自立・要支援者、介護型では65歳以上で要介護1以上の認定を受けた方と規定されています。A型/B型のような所得制限はありません。

費用・価格・料金

入居時費用の相場

一般型/0円〜30万円、介護型/数十万円〜数百万円

入居時費用の補足

一般型では一般の賃貸住宅の敷金にあたる保証金を支払わなければならない場合があります。介護型の場合、一定期間分の利用料を入居時に前払いするため、入居金が高くなる傾向があります。

月額費用の相場

一般型/7〜13万円程度、介護型/16〜20万円程度

月額費用の補足

月額費用に含まれるのは生活費・管理費・食費・水道光熱費+前年所得に応じた額の事務費がかかります。

一般型で介護保険サービスを利用する場合は、別途費用がかかります。前年収入に応じて設定される項目(事務費)があるため、介護(特定施設)型の施設であっても一律料金を支払う介護付き有料老人ホームよりリーズナブルです。

サービス内容

居室・設備

全館バリアフリー仕様で車いすでも動きやすい広さが取られています。居室は個室で、夫婦入居ができる広めの部屋を設置しているところもあります。居室内に洗面所、トイレといった設備を備えており、共用部に食堂、浴室、談話室、施設によっては娯楽室などが設けられています。また、介護型の場合は機能訓練室を備えていることも。一部施設ではレクリエーションも行われます。

料理・食事

栄養バランスに配慮し、利用者の身体状況、咀嚼能力に合わせて調理された食事が3食提供されます。食事の際の緊急時対応が取りやすい、多くの方とコミュニケーションを図りながら楽しく食事をしてもらいたいという観点から、食堂で集まって食べるのが一般的。体調不良の場合など、個室内での食事が一部認められることもあります。

介護/看護/医療体制

一般型では介護保険サービスは外部のものを自身で選んで利用します。基本的に自立した方向けの施設なので、医療ケアが必要な方や認知症の方の受け入れは困難。介護が必要になった場合は退去しなければいけないこともあります。一方介護型では介護ケア、医療ケア、リハビリといったサービスが受けられます。受け入れる方の要介護度や認知症の程度など、施設によって細かく規定されているので、利用可能かどうかを必ず確認するようにしましょう。

介護のほんね入居相談室に相談する