福井県の有料老人ホーム

介護のほんねでは、「たいよう」、「わかば」、「ケアハイツ芦原」をはじめとした、福井県の老人ホームを掲載中。そのなかでも有料老人ホームの条件に当てはまる施設は18件あります。ご本人とご家族で話し合ってどの条件を一番大事にするかなど、優先順位を付けながら様々な条件で検索してみてください。

市区町村を選択

路線・駅を選択

福井県の市区町村からさがす

路線・駅を選択

JR西日本からさがす
えちぜん鉄道からさがす
福井鉄道からさがす
入居費用・月額費用を選択

入居費用・月額費用を選択

月額費用
入居費用
施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類
施設の特徴
介護度
空室状況
施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件

検索結果 18

条件付きで見学可 ※2021年06月02日情報更新

有限会社イーマルケン

  • 空室状況
    残り 合計3
    07/08更新
  • 費用
    月額費用
    8.6 9.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

条件付きで見学可 ※2021年06月02日情報更新

有限会社イーマルケン

  • 費用
    月額費用
    11.6 12.1 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

株式会社ケアハイツ

  • 費用
    入居費用
    15.6 28.0 万円
    月額費用
    14.8 27.4 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

サンライフ小野谷

特定非営利活動法人ケアホームいっぷく

  • 住所
  • 入居条件
    要支援 要介護

双和会

社会福祉法人一乗谷友愛会

有限会社ほっとリハビリシステムズ

医療法人社団茜会

有限会社あんしん村グループ(旧名称:有限会社ふくいみらい社)

  • 費用
    入居費用
    0.0 432.0 万円
    月額費用
    15.9 21.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援 要介護

株式会社高浜ケアサポート

rectangle この条件で検索した方はこんな施設も見ています

メディカル・ケア・サービス株式会社

  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    13.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援2 要介護1-5

メディカル・ケア・サービス株式会社

  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    13.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援2 要介護1-5

社会福祉法人篤豊会

  • 費用
    入居費用
    14.7 24.9 万円
    月額費用
    6.1 9.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    60歳以上入居可 二人部屋あり ショートステイ可

有限会社シブヤ

  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    11.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

株式会社エム・アシスト

  • 費用
    入居費用
    15.0 万円
    月額費用
    13.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

ニシ・ウエルネス株式会社

  • 費用
    入居費用
    10.0 160.0 万円
    月額費用
    16.9 20.8 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

株式会社iコーポレーション

  • 費用
    月額費用
    8.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援2 要介護1-5
    入居費用0円 生活保護相談可

ニシ・ウエルネス株式会社

  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    15.1 15.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

有限会社ケアライフ光

  • 費用
    月額費用
    6.1 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援2 要介護1-5
    入居費用0円

株式会社さくらケアサービス

  • 空室状況
    空室あり
    07/28更新
  • 費用
    月額費用
    8.2 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社香友

ニシ・ウエルネス株式会社

  • 費用
    入居費用
    10.0 110.0 万円
    月額費用
    12.9 15.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

株式会社さくらケアサービス

有限会社ケーエスコーポレーション

株式会社シニアーズサポート

株式会社エンドレスロード

有限会社山幸物産

  • 費用
    月額費用
    13.6 14.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

株式会社リゾートテラス

  • 費用
    入居費用
    20.0 640.0 万円
    月額費用
    13.1 32.1 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円 二人部屋あり

株式会社メディ・エイド

福井県の老人ホーム・介護施設について

福井県は、北陸地方で最も人口が少ない都道府県です。ここでは、福井県での高齢者の暮らしについて、ポイントをご紹介します。

福井県の特徴

福井県庁(Wikipediaより)

福井県の総人口は76万2,679人です。65歳以上の人口は23万3,076人で、高齢化率は31.0%です(2020年10月1日現在)。人口が最も多いのは福井市、次いで坂井市越前市敦賀市となっています。福井県の面積は4,190.52k㎡で、9の市と8の町があります。福井県内は6のエリアに分けられ、それぞれの地域に分類されている自治体は下記表のとおりです。

地域名 自治体数 自治体名
福井地域 2 福井市、吉田郡永平寺町
酒井地域 2 あわら市、坂井市
奥越地域 2 大野市、勝山市
丹南地域 5 鯖江市、越前市、今立郡池田町、南条郡南越前町、丹生郡越前町
二洲地域 3 敦賀市、三方郡美浜町、三方上方郡若狭町(旧三方町地域)
若狭地域 4 小浜市、大飯郡高浜町・あおい町、三方上方郡若狭町(旧上中町地域)
参考:福井県「福井県の推計人口(年報) 令和2年

福井県の魅力

福井県は日本海に面した豊かな自然に囲まれています。波による浸食で削られていった「東尋坊」は、国の天然記念物にも指定されています。

また、若狭町の熊川宿や小浜市の小浜西組といった重要伝統的建造物群保存地区、国宝に指定されている明通寺(本堂と三重塔)などの遺産も多い県です。

そして、福井県は幸福度日本一の県です。一般財団法人日本総合研究所が発表している幸福度ランキングでは、2014年・2016年・2018年・2020年版と連続して1位にランクイン。その要因として、働く女性の割合が1位、待機児童の低さ1位、三世代世帯割合2位などが挙げられます。県民の幸福度が高いことは、なによりも福井県の魅力でしょう。

参考:福井県「幸福度日本一ふくい」 「福井県はなぜ幸福度が日本一なのか?

福井県の主要な駅・市役所・地域包括支援センター

福井県の主要な駅

福井県には、JR北陸本線・越美北線、えちぜん鉄道勝山永平寺線・三国芦原線、福井鉄道福武線といった路線が走っています。

主要な駅は「福井」駅「敦賀」駅「小浜」駅などです。この中でも、JR「福井」駅は福井県で最も大きい駅となっていて、利用者数も多くなっています。複数の路線が乗り入れている駅でもあります。

JR「福井」駅をはじめとした各駅は、通勤や通学の時間帯に混み合う傾向があります。そのため、その時間帯を避けて利用するとより快適に移動ができるでしょう。

福井県の市役所

介護が必要になると市役所に行く機会も増えます。ここでは、人口が多い福井市、坂井市、越前市の役所の住所、アクセス、要介護認定の申請先について紹介します。

市役所名 所在地・アクセス・ホームページ
福井市役所 ● 所在地:福井市大手3丁目10-1 ● アクセス:JR「福井」駅から徒歩10分 ● 要介護認定の申請窓口:別館2階 介護保険課
● ホームページ:福井市
坂井市役所 ● 所在地:坂井市坂井町下新庄1-1
● アクセス:JR「丸岡」駅から徒歩10分、コミュニティバス「坂井市役所」バス停からすぐ
● 要介護認定の申請窓口:本庁舎1階 高齢福祉課
● ホームページ:坂井市
越前市役所 ● 所在地:越前市府中1丁目13-7
● アクセス:JR「武生」駅から徒歩2分
● 要介護認定の申請窓口:本庁舎東棟1階 長寿福祉課
● ホームページ:越前市

福井県の地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護・医療・保健・福祉といった高齢者に関する悩み事を無料で受け付けている機関です。「高齢者の総合相談窓口」「介護予防マネジメント」「権利擁護」「ケアマネジメント支援」などを業務として、各エリアに設置されています。

保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)などが相談ごとに対して解決策を提示してくれます。

福井県の地域包括支援センターは通称「ほやねっと」と呼ばれており、県内には52カ所設置されています。

参考: 福井県「各市町村地域包括センター一覧

福井県のイベント

三国祭(Wikipediaより)

福井県内で毎年恒例となっているイベント・お祭りをご紹介します。

「三国祭」は坂井市三国町の三國神社で毎年5月19~21日におこなわれるお祭りです。北陸三大祭の1つとして知られており、坂井市と福井県の無形民俗文化財に指定されています。20日には巨大な山車が町内を巡行します。

「金津祭」は、毎年7月におこなわれている恒例行事です。山車と子ども踊りが練り歩く様子を楽しんだり、390年の伝統を持つ本陣飾り物を堪能できます。

「若狭たかはま漁火想」は、2003年から始まった高浜の夏を象徴するイベントです。漁火の明かりは若狭に暮らす人々にとって特別なものとなっていて、その想いを形にするために始まりました。海岸を埋めつくす1万2,000個のキャンドル迫力のある水中花火を楽しめます。

介護施設や老人ホームによっては、外出レクリエーションに力を入れているところもあるので、イベント・お祭りにも足を運べる可能性があります。

福井県の高齢者支援制度

福井県内の自治体が展開する高齢者の支援制度をご紹介します。

えがおでサポート事業(福井市)

福井市では「えがおでサポート事業」と銘打って高齢者が日常生活で必要となる簡易的なサポートをおこなっています。「65歳以上で一人暮らしをしている高齢者の方」「生活に何らかの不安があって簡単な援助が必要な方」「市民税非課税もしくは均等割りのみ課税世帯の方」が対象です。買い物代行や掃除、草むしりといった軽作業の援助をおこないます。

利用を検討している場合は、各地域の地域包括支援センター(ほやねっと)までご相談ください。

参考:福井市「えがおでサポート事業

どこシル伝言板(坂井市)

坂井市では、高齢者等SOSネットワーク事業の一環として2020年9月から「どこシル伝言板」を導入しています。認知症を患っている疑いがあるなどの理由で、行方が分からなくなってしまう可能性がある高齢者の持ち物にラベルシール型のQRコードを貼ります。見かけた方がQRコードの読み取りをすることで、インターネット上の伝言板が起動。伝言板で家族と発見者がやり取りできます。

参考:坂井市「どこシル伝言板

生活支援ハウス(越前市)

越前市では、一人で生活することに対する不安を抱えている高齢者向けに、生活支援ハウスを用意しています。0~5万円(収入によって変動)の利用負担金で配食サービス付きの支援ハウスに住めます。利用条件は以下の3つをすべて満たす方です。ただし在宅生活に復帰することを目指しているため利用期間は6カ月が上限です。申し込みは長寿福祉課にお問い合わせください。

  • おおむね60歳以上
  • 市内在住で、一人暮らし、夫婦のみ世帯又は家族による援助を受けるのが困難である人
  • 独立して生活することに不安のある人
参考:越前市「生活支援ハウス

福井県で見つからない場合は周辺エリアで探してみる

福井県の老人ホーム・介護施設は、県庁所在地である福井市に集中しています。地域によっては施設が少ないエリアもあります。

希望の施設が見つからない場合は周辺の地域まで視野を広げてみましょう。福井県は、石川県京都府滋賀県岐阜県と隣接しています。

有料老人ホームってどんな施設?【入居前に知っておくこと】

ここでは有料老人ホームへの入居をお考えの方に向けて「見学前に確認しておきたい有料老人ホームの特徴」をご紹介します。

「有料老人ホーム」とひと言でいっても、利用者の状態や必要なサービスに合わせて以下の3種類があります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

なお、介護付き有料老人ホームは「介護専用型」「入居時自立型」「混合型」の3つに分かれます。ですので細かく分割すると5種類があるのです。」

有料老人ホームの入居条件は満たしていますか?

今後、入居をお考えの場合、前提として入居条件を満たしておく必要があります。有料老人ホームでも種類ごとに入居条件が違いますので、あらかじめ把握しておきましょう。ただし民間が運営する有料老人ホームでは詳しい入居条件は施設によってまちまちです。気になる施設がありましたら連絡をしましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件

介護付き有料老人ホームは3種類の施設形態に応じて入居条件が違います。詳しくは施設に問い合わせることをおすすめします。

住宅型有料老人ホームの入居条件

住宅型有料老人ホームは「原則65歳以上」「自立~軽度の要介護」の方となっています。要介護度に関しては施設によってばらつきがあります。

健康型有料老人ホームの入居条件

健康型は住宅型よりも更に軽度の方が入居する施設です。「60歳以上」「自立か要支援」が入居条件になっている施設が多くあります。

ただし健康型有料老人ホームは平成25年に公益社団法人全国有料老人ホーム協会が発表した「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」によると全国に16件しかありません。ですので、希望のエリアで運営されている場合を除き、候補外にしておいてもいいでしょう。 参考:公益社団法人全国有料老人ホーム協会「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書

3種類の有料老人ホームの特徴を把握していますか?

有料老人ホームの特徴をご紹介します。あらかじめ特徴を知っておくことでスムーズにに希望の施設を選べます。入居後に「イメージと違った……」と後悔することがないように、あらかじめ把握をしておきましょう。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームには3種類ありますので、それぞれについて特徴をご紹介します。

入居時自立型

介護付き有料老人ホームのなかでも、最も介護の必要性が低い方を対象にしています。介護職員が比較的少なく、身の回りのことを自分で解決できる方が多く入居しているのが特徴です。

介護専用型

反対に要介護1~5にあたる方のみが入居できます。介護職員の数も多く、リハビリの体制などが整っている施設です。

混合型

入居時自立型と介護専用型の両方の特性を兼ねた施設です。自立から要介護まで幅広い方が入居しています。

介護付き有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

住宅型有料老人ホームの特徴

原則65歳以上で自立~軽度の要介護の方が入居しています。施設側のサポートは身の回りの生活の介助にとどまっており、介護サービスは外部の事業者と別で契約をする必要があります。

住宅型有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

有料老人ホームのメリット・デメリット

具体的に他の施設タイプと比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて紹介しましょう。

介護付き有料老人ホームのメリット

介護付き有料老人ホームのメリットは「24時間介護士が常駐していること」です。夜間や早朝でも安心して生活できます。またすべての施設が「特定施設入居者生活介護」に認定されているので定額で介護サービスを使い放題です。

介護付き有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームは住宅型に比べて費用が高くなる傾向にあります。介護サービスをはじめ、施設ごとにさまざまなサービスを提供していることから、費用がかかってしまうのです。

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームは介護付きに比べて自立、要支援の入居者が多いため、交流が活発になる傾向があります。また費用も介護付きと比べると安価で済むのが魅力です。

住宅型有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームの場合は介護サービスが料金に含まれていますが、住宅型有料老人ホームでは外部事業者との契約が必要になります。また要介護度が重くなった場合は、退去を余儀なくされる可能性もあります。

有料老人ホームの費用相場

有料老人ホームには入居時費用月額費用がかかります。介護付き、住宅型、健康型の費用の相場は以下の表の通りです。なお、ここで紹介する金額はあくまで目安になります。実際はもちろん施設によって大きく違いますので、お問い合わせください。

入居時費用 月額費用
介護付き有料老人ホーム 0~数億円ほど 15~35万円ほど
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円ほど 10~30万円ほど

なお、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの費用については以下の記事で詳しく紹介しています。

有料老人ホームの入居前に3種類の違いを知ることが重要

これから有料老人ホームの入居をお考えの方は、まず3種類の違いを把握しておきましょう。そのうえでご自身の状況、ご要望にフィットする施設を探すことが大事です。

もし希望の施設が見つからない場合は、有料老人ホーム以外の施設も探してみてください。介護のほんねではグループホームサービス付き高齢者向け住宅なども検索できます。

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!